廃液を減らす単純作業でコスト削減
無排水・無臭・VOC問題解決 廃液ドラム缶が10分の1に
こんな方におすすめ
 
   
 
ご相談ください
蒸発・濃縮装置ってどんなもの?
廃液に含まれる水分を蒸発させて濃縮させる装置です。
廃液から発生する悪臭なども排気の臭気成分などは熱触媒分解し脱臭・無害化します。
シーケンサでデータ分析し、最適値制御で自動運転でき、
タッチパネル表示で、各種設定・状態が見える化されています。
ご相談ください
導入例1 洗剤シャンプーメーカー 4900万円コストダウン 導入例2 工作機械加工工場290万円コストダウン
蒸発・濃縮装置 コスト削減してみませんか?
はかり 廃液の処理費用は重さで決まるため、蒸発・濃縮装置で水分を減らす事により、無駄な水を取り除き廃棄物のみを処分できるため大幅にコストダウンが可能になります。
導入前 導入後
導入コストダウン実績
濃縮装置メカニズム
濃縮装置ラインナップ
導入事例1:化成工場 ジオキサン廃液の減溶化(無害化)
導入事例2:金属部品工場 切削廃液&床洗浄廃液の減溶化(産廃費1/10に)
導入事例3:超硬合金加工工場 切削廃液の減溶化(20倍濃縮達成)
導入事例4:貴金属製品製造工場 切削廃液の減溶化(20倍濃縮達成)
ご相談ください
導入までの流れ
ご相談 現況確認 見積 契約 設置

まずはご相談下さい。
お困り事にあった最適なご提案をさせていただきます。
5ℓの廃液サンプルと簡単な現況確認からコストのご提案をさせていただきます。
設置後のメンテナンスも、もちろんご対応させていただきます。

お客様の声
お客様の声   年間2000万円ものコストダウン


ホームページを見た時に確かにその通りだと思い相談させてもらいましたが、正直半信半疑でした。
現況確認の際もたったの「これだけで?」と思ったほどサンプル量も少なく安心でした。実験結果もしっかりと提示いただき、年間のランニングも出してもらい即契約となりました。
設置も素早く、工場を止める事も無くできました。
浮いたコストを考えると新規製品の開発費とほぼ同額だったため、社内でも「販売利益」を削らずに設備投資が出来た事に驚きがでていました。
次年度からはランニングコストが下がる事と、新規製品の売上でダブルの増益が期待できそうです。

   
    【造作機械メーカー 工場長 伊藤様】
ご相談ください
環境を考える 地球を想う 太平産業株式会社

太平産業株式会社は昭和38年に設立した
「土」を中心とする環境文化と技術・知識・創造をもって社会に貢献し、
地域のオンリーワン企業を目指す会社です。

多くの会社様に長くお付き合いいただいておりますが、
当社の技術力をより多くの皆様に「お手軽」にご利用いただけるよう、
本サービスを開始いたしました。
お役に立てれば嬉しく思います。是非一度、ご利用ください。

ご相談ください
http://www.taihei-sangyo.com